海外雑貨を取り入れておうち時間を楽しむために!海外雑貨に関する基本知識を紹介

このサイトでは、海外雑貨を取り入れておうち時間を楽しみたい人にとって必要となる基本知識を紹介しています。
様々な方法で手に入れることができるようになっていますが、それぞれにメリットやデメリットがあります。
このサイトでは特に安くて可愛いと評判のネットショップで買えるものを紹介していたり、海外海外旅行に行った場合などは絶対に立ち寄りたい、現地でしか買えないものなども数多く紹介しており、その楽しみ方を広げる情報が得られるものとなっています。

海外雑貨を取り入れておうち時間を楽しむために!海外雑貨に関する基本知識を紹介

海外雑貨は日本にはない特徴的なデザインや遊び方をすることができるものが多く、多くの人が手に入れたいと考えることも少なくありません。
しかしただ漠然と集めるよりも、様々な情報を得て自分なりに選んでいく方がより楽しみ方が深まるものとなります。
海外雑貨の中にはその地域の特徴や様々な歴史的背景などを持っているものも多く、これらの基本知識を知っておくことで、選び方や楽しみ方をさらに広げることができます。
海外雑貨をより楽しむことができる情報を得る事が、重要なポイントです。

日本の雑貨と何が違う?海外雑貨と日本雑貨の相違点

海外雑貨と日本雑貨では、違う点がいくつかあるためその相違点を知った上で取り入れることが大切です。
海外雑貨は、基本的に各国ごとに特徴が大きく異なります。
人気の北欧は植物や動物をモチーフにしたものが多く、ナチュラルな部屋に似合います。
近年人気になっている韓国のものは白をベースに木の素材が多く使われていて、はっきりした色使いはしないというのが特徴です。
異国情緒あふれるモロッコや、カラフルで見ているだけで明るい気分になるメキシコの雑貨など様々なものがあるため、部屋の雰囲気などに合わせて取り入れていきます。
対して日本の雑貨は、伝統工芸品や日常的に使えるものなどに和柄のモチーフなどが特徴となっています。
レトロな雰囲気な可愛いものから、華美なものなど多種多様にあっって優雅で繊細なデザインなものが多いです。
それぞれ違った魅力があるため、自分がどんな部屋にしたいかなどを考えた上で選んでいくことがポイントとなります。

デザインに関する知識は不要!日常に海外雑貨を上手に取り入れるコツ

SNSなどで海外のインテリアや雑貨を見ると、広さを生かした余裕のある部屋づくりをしている人が多いです。
限られた広さの住宅が多い日本では、海外雑貨をむやみに置くと、おしゃれさよりも物が多い印象となり、ごちゃごちゃしてしまいます。
日常に海外雑貨を上手く取り入れるにはどうしたらよいでしょうか。
アイテムを置く時には、部屋を色味をシンプルに統一しておくのがポイントです。
小物で色味やユニークさを取り入れると、部屋がシンプルで寂しくなりすぎずにおしゃれな空間を演出できます。
雑貨の中でも、間接照明になるライトや壁にかけられるフォトフレームのようなオブジェは、狭い空間でも気軽に取り入れられるアイテムです。
雑貨というとカラフルなイメージを連想する人がいますが、シンプルで部屋に馴染む自然モチーフや小さなアイテムも。
いきなり大きなアイテムを購入すると、失敗した時に後悔するため、まずは小さい雑貨から購入するのが最適です。

自作もできる!海外雑貨をDIYするためのおすすめライフハック

自分の生活を豊かにする取り組みとしてライフハックが注目されるようになってきましたが、ある程度手先が器用で何かを作ることに関心がある場合、誰でも気軽に始められるDIYを行ってみてはいかがでしょうか。
DIYとは家具を自分で作り上げることですが、最近は趣味の一環として挑戦してみる方が増えてきており、海外雑貨などを好んで作る人が増加傾向にあります。
もちろん、海外雑貨だと素材や材料がなかなか手に入らないことを心配してしまうと思いますが、意外と通販サイトなどで簡単に購入することができますし、色や形なども自由に選ぶことが可能なので満足感が違ってくるでしょう。
材料を用意したら後は工具さえ揃えれば直ぐに始めることができるので、これから長い夏休みを何して過ごそうか考えているのであれば、ぜひ一度海外雑貨を作って自分だけの特別ない一点ものをつくりあげてみてください。
また、あまりにも素晴らしいできであった場合、その才能を活かして販売することもできるので夢が広がります。

海外雑貨を輸入する際に覚えておきたい税金について詳しくチェック!

海外雑貨を輸入するときに知っておきたいのが税金で、これは小口か一般(商業)かで関税の計算率が違います。
個人輸入の場合は、販売目的でなく自分で使う場合で海外の市場価格×0.6×関税率で計算し、課税対象額が1万円以下なら関税と消費税は免除されます。
転売目的で商品を輸入した場合は小口となり、この場合は法規制などのルールに従い販売をしないといけません。
この場合は、商品の市場価格100%に関税率をかけた方式で計算、送料や保険費用なども含まれます。
海外雑貨を個人で使うのか、それとも商業用科の目的は明確に区別するのは難しく、税関と見解が違うことも多いです。
個人と小口でも明確な判断基準もなく税関で実施する検査の結果で左右され、そのときの判断材料となるのが価格・数量・頻度です。
個人が使う範囲を超えていると判断されれば、商売目的での小口になる可能性が高いです。
税金は価格が高い商品ほど、関税率が高くなるほど税額も上がります。
また、20万円以下の少額だと簡易税率の税制が適用されて、20%・10%・5%・3%・無税・重量税がり、これも商品ごとに変わります。
課税額が20万円以上のときは一律15%です。

著者:若尾賢二

筆者プロフィール

神奈川県横浜市生まれ。
海外雑貨のコレクションが趣味です。
このサイトに基本知識をまとめていきます。
海外雑貨の通販はここ