海外に行ったら絶対に立ち寄りたい!現地でしか買えない海外雑貨

海外に行ったら絶対に立ち寄りたい!現地でしか買えない海外雑貨

ちょっと前までは新型コロナウィルスの影響で滅多に海外旅行に行く事ができませんでしたが、最近は入国審査が緩和されたこともあり、旅行に行ける機会も増えてきました。
今まで我慢していた分長期的に楽しみたいとする方も多く、人気の韓国や台湾などのアジアを中心に、イギリスやフランスなどのヨーロッパにも出向きたいと考えているかもしれません。
そして、もしも海外旅行を計画している方がいるとするなら、現地でしか買うことができない海外雑貨を購入してみることをおすすめします。
海外雑貨の良いところよ言えば、ハイセンスなデザインをしていて精巧な作りになっていること、その国独自の雰囲気を感じられるので日本にはない良さがある点です。
また、現地で買えばネットなどで輸入して買うよりもかなり安く購入することができるので、お得感と満足感の両方が得られるなど良さは一つだけにとどまりません。
とくにアンティーク雑貨などは日本でもかなり人気が高いので、見つけたら積極的に買ってみることをおすすめします。

海外雑貨を日本へ持ち込む際に必要とされる知識

海外で販売されている海外雑貨には珍しいものも多く、日本へ持ち込むことで販売することができればビジネスとしても成り立ちます。
特に雑貨は幅広い層から人気が高いので、良い商品を見つけることができればかなりの売り上げが期待できるはずです。
とはいえ海外雑貨を日本へ持ち込むのはそう簡単ではありません。
なぜならば通関や税率、輸出規制のような様々な知識が要求されるからです。
トラブルに巻き込まれないためにも、そのような知識について学びしっかりと習得しておくようにしましょう。
まず関税ですが、これは海外から商品を仕入れる際に発生する税金のことです。
商品によって税率は変わり、どれぐらいの金額になるかによっても違ってきます。
商品を大量に輸入するのであれば、自分で持ち帰るのは難しいため、通関業者などの代行サービスを利用するとよいでしょう。
物品の運送だけでなく保管や包装などもお願いすることもできますから、手間を省くことができてとても便利です。

著者:若尾賢二

筆者プロフィール

神奈川県横浜市生まれ。
海外雑貨のコレクションが趣味です。
このサイトに基本知識をまとめていきます。